​高麗寺住職  法岳光徳 僧任              

2017年7月12日に高麗寺住職に就任しました。

仏教とは、組織や教団、宗派ではなく一人ひとりの真心であり、慈悲心であり、祈りであります。もちろん寺は住職のものでもなく、信者のものでもなく、宗教法人のものなのです。ご存じのように高麗寺は釋泰然名誉管長ご尽力により信者達の浄財でできた寺です。

わたしは31歳で京都の臨済宗末寺の宝泉寺の住職になり、30年間務めました。250年経過した古い本堂と庫裏を建て替え、慧輪和尚示寂後は、日本人の弟子を住職に引き継ぎ、大阪の宝厳寺に戻ってきました。自らの修行を怠らず、仏縁を拡げる布教に精進し、信徒役員と共に仏法興隆に命をかける人こそ寺の代表役員として、また住職としふさわしいと言えるのではないでしょうか。

○職歴 前 臨済宗天龍寺派宝泉寺住職/禅堂師家(京都)

    前 臨済宗建仁寺派神勝寺国際禅堂長(広島)

    現 臨済宗単立宝厳寺万丈(大阪)

      曹溪宗総本山高麗寺住職(京都)